21日 関東 昼すぎにかけて大雨警戒を

寒冷前線の影響で、関東地方は昼過ぎにかけて大雨のおそれ。土砂災害、河川の増水や氾濫、低地の浸水、落雷、突風。海上は夜のはじめにかけ大しけ。
●21日 雨のピークはこれから
シベリア方面の低気圧からの寒冷前線が日本列島にのびています。前線に向かって湿った空気が流れ込んでいるため、前線付近で大気の状態が不安定になり雨雲が発達しています。前線は、きょう日中に関東地方に接近、通過する見込みで、関東はこれから雨が本格化するでしょう。
神奈川県内には、けさ4時過ぎに大雨警報が発表され、ほかの各地にも大雨注意報が発表されています。
予想される雨量は、この先24時間で多い所で関東南部で180ミリ、関東北部では100ミリです。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒・注意するとともに、落雷や突風、ひょうにもご注意下さい。発達した積乱雲の近づくときは「急に暗くなる」「急に涼しい風が吹く」「雷鳴が聞こえる」などのサインがあります。お出かけ先でこのような状態になったら、建物内に移動するなどご自身の安全確保に努めて下さい。きょうは、傘をさして歩いているだけでも足元が濡れやすいでしょう。替えの靴下やストッキング、それに乾いたタオルを持ち歩くとよいでしょう。
●21日 強い南風 海は大しけ
前線に向かって強い南風が吹いているため、海上では今夜はじめ頃にかけて、うねりを伴って大しけになるでしょう。関東近海は、22日にかけてもしける見込みです。
予想される波の高さは、茨城県と千葉県(外房)、伊豆諸島で6メートル、相模湾で5メートル、東京湾の三浦半島付近で4メートルです。茨城、千葉、伊豆諸島や神奈川には、波浪警報が出されています。また、予想される最大風速(最大瞬間風速)は、関東地方の海上で20メートル(30メートル)、伊豆諸島で23メートル(35メートル)です。うねりを伴った高波に警戒し、強風にご注意下さい。
と、警報を促しています。

今回は大きな被害もなく、過ぎ去って行ったと一安心せずに、この様な気象条件はこれから梅雨を控えて、いつ・どこで発生するか判りません。
よく、被災後の報道で見かける光景として、次のようなことを言われています。
『私はココへ数十年も住んでいますがこの様に被害に遭遇したのは初めてです。』

備えあれば憂いなし!
建物や家財の水害の補償ならこちらを参考にして下さい。
また、被災後の復旧までの間の備えとして、下の防災セットなども必需品です。


カテゴリー: 非常災害 備え パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です