感震タップ とめ太郎

震度5強相当の揺れを感知しコンセントの電源を自動遮断
従来の製品よりコンパクトで、取り付けが簡単な電源タップ型です。

★送料無料★震度5強の揺れを感知して電源を遮断!「感震タップ とめ太郎 」
価格: 4,611円 (税込 4,980円)

感震タップ とめ太郎の特徴
内蔵の感震センサーが震度5強相当の揺れを感知。電源を即、自動遮断
過去の震災のデータより、食器棚や本棚などが倒れ、地震火災のリスクが高くなるのが、震度5強相当の揺れと言われます。
「感震タップ とめ太郎」は、内蔵された感震センサーが震度5強相当の揺れを感知し、接続された電気機器の電源を自動で即、遮断させます。

また、これまで取付工事が必要で分電盤から電源を遮断させるタイプの感震ブレーカーが多い中、改良が重ねられた「感震タップ とめ太郎」は、従来よりも小型で高性能な感震センサーを内蔵させ、エンドユーザーが簡単に使いやすい感震タップ型になりました。

「感震タップ とめ太郎」の主な機能
●コンセントに挿すだけで工事不要
ドライバーなどで取付け不要です。小型・軽量な電源タップ型で、移動も簡単です。
必要不可欠な電源、電気製品のみにご使用いただけます。

●テストスイッチで動作の確認ができる
いざという時に備えられるよう、本体の 「テストスイッチ」ボタン一押しで動作確認が可能です。

●充分な電源を確保できる2口コンセント
本体正面部分に1口、底面部分に1口の計2口コンセント設計です。
「電気こたつ」と「電気ストーブ」など、2つ同時に接続でき、地震時は2口とも電源を遮断させます。

こんな場面が想定されます
●分電盤から電源を遮断させる感震ブレーカーが多い中、とめ太郎は「接続した電機機器だけ」ピンポイントで電源を自動遮断します。
もしもの時、自動遮断機能が作動しても、別電源は確保でき照明など点灯することができ非難するときに安全です。

●ビス留めが不要で取り外しが簡単なので、電気ストーブ等と一緒に別のお部屋に移動させることも可能です。経済的でご負担なく防災対策が行えます。

【主な熱を発生させる電気製品】
電気ストーブ/白熱電球/ドライヤー/コーヒーメーカー/電気こんろ/ホットプレート/アイロン/トースター/ハロゲンヒーター/オーブントースター など

製造メーカー 旭東電気とは?
「感震タップ とめ太郎」は、阪神大震災で被災経験がある大阪を拠点とする日本のブレーカーメーカー、旭東電気によって開発されました。

旭東電気は、昭和25年ごろに紐を引くだけでヒューズの交換ができる「約定開閉器」を、昭和30年代には、現在のブレーカーの原型になるバイタルを使ったブレーカーを開発、製造してきました。

現在では、温水便座、ガス給湯器、電気温水器、自動販売機、分電盤等、多岐にわたる製品の開発、製造を行う日本におけるブレーカーメーカーの草分け的存在の会社です。


カテゴリー: 非常災害 未然防止 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です