火災保険 水災補償

水災について検証しましょう
昨今の自然災害として留意しなければならないのが水災です。
多くの保険会社の火災保険には含まれていませんので、オプション(追加)加入しなければなりません。

では、どのような場合が補償の対象か検証することにします。

・突然の大雨で近くの川が氾濫して水が流れ込んで床上浸水被害
・都市部では水が行き場を失って溢れ出る都市型洪水により浸水被害
・集中豪雨による洪水や土砂崩れによる被害
・台風や暴風雨などで発生する洪水による被害
・高潮による海水による被害

これらは水災補償をつけていないと補償されません。
最近では、突然の水量増加に行き場を失った下水などが溢れる(あふれる)都市型の洪水(こうずい)も増えており、多くの方が水災の危険と隣りあわせに暮らしているといっても過言ではありません。

津波による浸水等は補償されません。

●建物が保険の対象の場合
台風や豪雨等によって洪水(こうずい)となり、家屋が流されたり、居住部分が床上浸水したことにより建物が損害を受けた場合に、保険金をお支払いします。
床上浸水して、壁の張り替えが必要となった場合に、保険金をお支払いします。
豪雨等で山が土砂崩れを起こし、家を押し流された場合に、保険金をお支払いします。

●家財が保険の対象の場合
台風や豪雨等によって洪水(こうずい)となり、家財が流されたり、保険の対象である家財を収容する建物の居住部分が床上浸水したことにより家財が損害を受けた場合に、保険金をお支払いします。

床下浸水や床下への土砂の流入は対象となりません。
床下浸水、土砂流入の場合に掻きだし等の大変なご苦労が発生しますが、現状では何処の損保会社も対象外となっています。


カテゴリー: 非常災害 備え パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です