地震保険

地震・津波・噴火が原因で住宅や家財が壊れ、流出、焼失した場合に損害を補償する保険です。
ただし、地震保険単独では加入できず、火災保険とのセットでなければ加入できません。
保障額は火災保険の30%~50%の範囲にため、万一全焼(全壊)した際には再建できませんので、ご注意が必要です。

阪神・淡路大震災や東日本大震災などでも多くの方が被災されましたが、住宅ローンがそのまま残り、さらに新たな住宅ローンのダブルローンに苦しまれている光景をたびたび見掛けました。

大規模災害では、見舞金や義援金、生活再建支援法・住宅再建支援法(地方自治体独自制度)により、多少の支援はありますが、負債が全額解消されるわけではありませんので、適切な保険選びが肝心です。
・火災保険は時価ではなく新価(再取得額)であること
・地震保険の補償額火災保険の50%まで加入すること
・現場調査体制が整っていること、全壊・半壊・一部壊の基準などを確かめることも重要です。

地方自治体と保険会社で審査基準が異なることも多々あります。

火災保険一括見積もり依頼サイト

株式会社イッカツ
見積もり比較で家計を節約


一度の入力で、10社以上の保険会社の中から、最適な保険を選べます。

現在の火災保険の補償内容を把握せずに加入しているお客様が多数いらっしゃいます。

見直し・比較をすることで、同様の保険料で補償内容が充実したり 不要な補償を外すことで保険料を大幅に減らすことも可能です。

国内最大手の12社の中から厳選して、あなたのニーズに合った最適な補償を選びます。
・東京海上日動、損保ジャパン日本興亜、共栄火災、日新火災、三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、セコム損保、SBI損保、AIG損保他


カテゴリー: 非常災害 備え パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です